簡単Q&A|下関 不動産 西京地所株式会社

簡単Q&A

賃貸編

Q部屋の広さの単位について教えてください。

A【帖(畳)】
部屋の広さを表す単位です。一般的には1帖=1.65平方メートルですが、その他地域によって異なるケースもあります。

A【1R 】
ワンルームの略。一部屋のみと浴室、トイレなどの構成で、キッチンは部屋の中に含まれ仕切りがないタイプの間取り。

A【K】
キッチンの略。キッチンと部屋が分かれている。広さはだいたい4.5帖程度です。
例えば1Kの表記だと部屋が一つと4.5帖程度までのキッチンという構成の間取りになります。

A【DK】
ダイニングキッチンの略。構成はK(キッチン)と一緒ですが、ダイニング(食堂)という表記から、それよりも広い間取りが基本となります。

A【LDK】
リビングダイニングキッチンの略。リビングは居間の事で、それとダイニングキッチンが一体となっている。一般的には8帖以上の広さがあります。

Qオフィス面積を決める基準があれば教えてください。

A基準としては、1人あたりのワークスペース(事務スペース)を2~3坪で計算して面積を算出する方法が一般的とされています。 ワークスペース以外に会議スペース・応接スペース・リフレッシュスペース・収納スペース・OAスペースなどの共用スペースが必要となります。

Q契約に必要な書類は何ですか?

A 通常は以下の通りです。(契約内容により例外があります。)
入居者:身分証明書、住民票、収入証明書、運転免許証、学生証など
保証人:印鑑証明書、確約書(承諾書)
物件によって別の書類が必要となるケースがあります。

Q連帯保証人は誰でもいいのでしょうか?

A 原則は親族でかつ、30-60歳、一定の年収が或るかたになります。

Q入居審査は何を行っているのですか?

A 入居審査は、入居申込書、提出書類等をベ-スに大家さん、家賃集金会社、入居審査会社等が判断します。審査方法は収入・勤続年数・過去の支払い等の遅れや、同じマンションの入居者方々との調和などが審査の対象となる場合があります。

Q原状回復とは何ですか?

A 契約期間満了で借主が退去するとき、自分で備え付けたものは取り除いて、貸主に部屋を返すことが基本です。ただし、 契約によっては、特約で様々な取り決めがある場合があります。原状回復の度合いをどのように解釈するかを契約書などで最初にしっかりと確認をすることが重要です。

Qホームページに掲載している物件しか紹介してもらえないんでしょうか?

A Aそうではありません。当社は「仲介」も行っていますので、他業者様分でもご紹介することが可能です。お気軽にお問い合わせください。実際に空いていても、「インターネット掲載不可」の物件等も多数ありますので、是非お問い合わせください。

Q重要事項説明書とは何ですか?

A 契約の条件や契約する物件に関する重要な事項を書いたものです。契約する前に、宅地建物取引業者が書面をもって説明を行います。賃借人に契約内容について十分理解して頂くというのが目的なのできちんと目を通しましょう。

Q仲介手数料とは何ですか?

A 不動産会社が物件情報をご紹介したり、物件の下見にお連れしたり、契約書を作成したり、契約を代行したり等…、お客様にご提供するサービスの対価であるとお考えください。

Q保険料とは何ですか?

A 借家人賠償保険の事です。
一般的にお部屋の広さによって異なる場合がありますが1~3万円です。※借主が原因で火災を起こしてしまった時の保険と思ってください。

Q駅などからの徒歩時間はどのように決めているのですか? 基準はありますか?

A 一般的に、道路距離80メートルを1分として換算しています。

売買編

Q建ぺい率、容積率について教えてください。

A 建ぺい率は敷地面積に対する建築面積の割合です。容積率は敷地面積に対する床面積の割合をいいます。

Q諸費用とはどんな費用になりますか?

A 物件購入以外にいろいろな費用がかかります。銀行へ支払う手数料、名義変更の為の登記費用、火災保険、仲介手数料などです。

Q頭金(自己資金)はどのくらい必要ですか?

A 一般的に、物件価格の10-20%程度必要になります。購入価格以外にも税金、ローンの事務手数料などが現金で必要になるので注意が必要です。

Q間取図で表示されている記号の意味は何ですか?

A L→リビング
D→ダイニング K→キッチン
S→サービスルーム
P.S.→パイプスペース
UB→ユニットバス
MB→メーターボックス

Q不動産の売買契約とはどのようなものですか?

A 契約は、目的物件の特定、売買代金、支払い条件、所有権移転登記申請、引き渡しなどの契約内容に関して、お互いの権利や、義務を履行することに合意が成立したことを指します。合意した内容を記載した書面(売買契約書)に当事者及び、媒介業者、宅地建物取引主任者が記名押印します。詳しい内容は担当者までお問い合わせください。

Q今、住んでいる家のローンがまだ残っているのですが買い替えは可能でしょうか?

A ローンが残っていても、買い替えはできます。ローン残債・お住まいの査定額と自己資金などで買い替えの手段は色々ございます。ご相談ください。

Q同じ物件が何社かの不動産会社で広告されているのは何故ですか?

A 現在、物件情報は不動産業社専用のインターネット(不動産流通機構)等で全ての不動産業社が共有しています。そのため、広告掲載の承諾を得た上で複数の不動産業社が同じ物件の広告を出しているのです。

Qセットバックとは何ですか?

A 建物を建築するには敷地が建築基準法上の道路に2m以上接している必要があります。この敷地が接している道路の幅員が4m未満のときには原則として道路の中心線から2mの線まで敷地を後退させることが必要となります。これをセットバックといい、セットバックした線が道路と敷地の境界線となります。従ってセットバックした部分は道路とみなされることになります。

Q1坪ってどのくらいの大きさですか?

A 1坪というのはおよそ3.3㎡に相当します。畳2枚分の大きさが1坪です。簡単に計算するには、㎡の数に0.3025を掛けると坪数になります。
例)100㎡×0.3025=30.25坪

Q駅などからの徒歩時間はどのように決めているのですか?基準はありますか?

A 一般的に、道路距離80メートルを1分として換算しています。